ブログ

Salesforce商談変更履歴を活用して商談のステータスをリアルタイムに把握する方法

#Salesforce #商談 #変更履歴

ビジネスの世界では、迅速な意思決定と戦略の修正が成功へのカギを握っています。
特に営業マネージャーにとって、日々変化する商談の状況を把握し、即座に適切なアクションを起こすことが求められます。

Salesforceは、顧客関係管理(CRM)の分野でリーディングカンパニーとして広く知られており、その理由は常に最新のツールと機能を提供し続けるからです。
営業マネージャーが最も効果的な戦略を見つけ、チームのパフォーマンスを向上させるための手段として、Salesforceの商談変更履歴は不可欠な役割を果たします。

この記事では、営業マネージャーが日々の課題にどのように対処し、ビジネスを成功に導くためにSalesforceの商談変更履歴を活用できるかに焦点を当てます。
Salesforceの変更履歴機能は、営業マネージャーがリアルタイムで情報を把握し、商談のステータスを正確に追跡する手助けをします。

営業マネージャーの課題


営業マネージャーには、以下のようなタスクが常に存在します。

  • 日々の商談進捗の把握
  • 課員の商談フォローの実施

それぞれ紹介していきましょう。

日々の商談進捗の把握

営業マネージャーは日々、複数の商談を管理し、それらの進捗状況を正確に把握する必要があります。リアルタイムな情報は、チームの生産性向上や迅速な意思決定のために不可欠です。特に営業はタイムリーな対応が求められる分野であり、失われた機会を最小限に抑えるためには即座のフォローアップが必要です。

課員の商談フォローの実施

営業チームが持つ商談は多岐にわたり、それぞれの商談に適切な戦略とフォローアップが求められます。
営業マネージャーは、個々の営業員が適切なタイミングでクライアントとコンタクトを取り、商談を進めることを確認しなければなりません。
このフォローアップが不足すると、商談は停滞し、競合他社に取引を奪われるリスクが高まります。

商談変更履歴を確認する有用性


商談の変更がリアルタイムで反映されることは、ビジネスの迅速な意思決定に不可欠です。営業チームは常に最新の情報を手に入れ、クライアントとの交渉や戦略の調整を即座に行うことができます。

リアルタイムでの情報把握は、競合他社に対して優位性を持つことができる要因となります。
商談の変更に素早く対応することで、市場での競争力を維持し、差別化を図ることができます。

リアルタイムでの変更情報は、営業戦略の最適化に役立ちます。
営業チームは常に顧客の反応を把握し、それに基づいて戦略を調整できます。
顧客のニーズや傾向に合わせたアプローチを取ることで、より効果的な商談を進めることができます。

Salesforce商談の変更履歴を確認する


Salesforceは、営業チームがビジネス目標を達成するために必要なツールとして、その柔軟性と効率性で知られています。
特に商談の進捗を把握することは、営業戦略を最適化し、顧客との関係を強化する上で非常に重要です。
Salesforceでは、商談に関する変更履歴をリアルタイムで把握するための直感的な方法が提供されています。

Salesforceの商談変更履歴の確認方法

Salesforceを使用して商談の変更履歴を確認する方法は非常にシンプルです。
特定の商談に関する変更を調べ、それがチームの目標にどのように影響するかを正確に把握できます。

Salesforceのダッシュボードは、ビジュアルな形式で商談の進捗を表示するのに最適です。特定の商談に関するダッシュボードを作成すると、リアルタイムでの変更が視覚的にわかり、営業チームは瞬時に現状を把握できます。

各商談は、その詳細ページに変更履歴が記録されます。
この詳細ページを開くと、過去の変更内容や変更を行ったユーザー、変更が行われた日時などが一覧で表示されます。
ここから変更の履歴を確認し、必要に応じて対応策を考えることができます。

Salesforceで商談変更履歴を把握するメリット

Salesforceは、商談に関するあらゆる変更を詳細に記録します。
商談のステージの変更、重要なメモの追加、価格の調整、担当営業員の変更などが含まれます。
商談の進捗を正確に把握し、顧客との関係を強化するための洞察を提供します。

データの可視化と分析としてSalesforceは変更履歴を視覚的にわかりやすく表示できるため、営業マネージャーはビジュアルなレポートを通じて、チーム全体のパフォーマンスを一目で確認できます。
変更履歴を元にしたデータ分析は、顧客の行動パターンや営業活動の効果を詳細に把握することを可能にし、これに基づいて戦略を微調整することができます。

Salesforceで変更履歴を確認する手順


Salesforceでの商談変更履歴の確認手順を説明します。
以下の手順をそれぞれ説明します。

  • オブジェクトマネージャーにて項目変更履歴の設定
  • 履歴確認の設定

オブジェクトマネージャーにて項目変更履歴の設定

商談タブを選択し、設定>オブジェクトを編集を選択します。

 
[項目とリレーション]を開き、「商談項目履歴の有効化」にチェックを入れて有効化し、追跡したい項目を選択します。

参考:Salesforce商談履歴設定画面
 

履歴確認の設定

レコードページにて変更履歴を確認したい場合は、該当のオブジェクトマネージャより[ページレイアウト]を選択します。
[関連リスト]より履歴が選択できるようになっているので、関連リストへ表示します。

関連リストをレコードページに表示する設定が必要になります。
設定>Lightningアプリケーションビルダーより該当のオブジェクトのレコードページを選択し、表示するように設定をします。

これで誰がいつ何の値から変更したのかを、レコードから確認できるようになります。
レポートで確認する場合は、”商談履歴”レポートタイプなど履歴がついたレポートタイプを選択すると確認することが可能です。

Salesforceの商談変更履歴を確認して、商談ステータスをリアルタイムに把握しよう


日々変化する商談のステータスやトレンドを把握することで、営業チームは迅速かつ的確な戦略を展開し、顧客との信頼関係を強化できます。

商談変更履歴を利用して、顧客のニーズや要望の変化に迅速に対応し、適切なアクションを起こせます。
これにより、競合他社よりも早く市場の変化に適応できます。

商談変更履歴を分析することで、営業チームのパフォーマンスを評価し、成功に導いた戦略を特定できます。
これにより、成功体験を共有し、チーム全体の士気を向上させることができます。

顧客の期待に応え、顧客との信頼関係を構築するための戦略を見つけます
商談変更履歴を通じて、顧客のニーズを正確に把握し、パーソナライズされたサービスを提供できます。

過去の商談変更履歴を分析し、将来のトレンドや顧客の行動パターンを予測することで市場の変化に先んじて戦略を立て、競争優位性を維持できます。

Salesforceの商談変更履歴を活用することで、営業マネージャーはチームの生産性を向上させ、ビジネスの成長に向けて効果的に舵を切ることができます。
紹介したテクニックを実践に移して、Salesforceの可能性を最大限に引き出し、成功への道を切り拓いてください。

<Salesforce>
弊社ではSalesforceをはじめとするさまざまな無料オンラインセミナーを実施しています!
>>セミナー一覧はこちら

また、弊社ではSalesforceの導入支援のサポートも行っています。ぜひお気軽にお問い合わせください。
>>Salesforceについての詳細はこちら
>>Salesforceの導入支援実績はこちらからご覧いただけます!

医療業界に特化した営業支援、顧客管理(SFA/CRM)のコンサルティングも提供しております。こちらもぜひお気軽にお問い合わせください。
>>顧客管理(SFA/CRM)のコンサルティングの詳細はこちら

CONTACT
お問い合わせ

ご相談やご依頼、病院マスタなどについてのお問い合わせはこちらのお問い合わせフォームから。

サービスなどについてのお問い合わせ 病院マスタについてのお問い合わせ

メールお問い合わせ