事例紹介

Salesforce

salesforse

【事例】株式会社FUTURE GATES様・ウィズコロナ新事業へのSales Force導入事例

株式会社FUTURE GATES (以下FUTURE GATES) 様へ、Salesforceの導入をお手伝いさせて頂きましたので、事例としてご紹介させて頂きたいと思います。

FUTURE GATES様のご紹介

FUTURE GATES様は、企業様と連携したビジネスプラットフォームを提供する企業様です。TRUST GATEグループのうちの一社として2020年に設立されて以来、わずか数年で、コロナで店舗スペースを持て余した美容サロン様とスタイリスト様、クライアント様を繋げる『MIRRE (ミラー) 』や、指定した半径内ですれ違った人とコミュニケーションを行う事ができるアプリ『nection』など、多数の事業をリリースされております。

ウィズコロナ時代に対応した新事業の考案

2020年、新型コロナウイルスの世界的流行により私たちの生活様式は大きく変貌を遂げました、マスクの着用や三密回避がニューノーマルになる中、感染拡大を防ぐためPCR検査の普及と感染者の迅速な隔離が重要になりました。FUTURE GATES様はそこに着目され、コロナ禍でもオフィスに出勤しなければならない企業様向けに心強い味方となる置き型PCR検査キット事業『CPASS(シーパス)』を考案し、2021年にリリースされました。オフィスにコンパクトなコンビニスペースを設置することでお菓子やカップ麺、パンやおにぎりを販売する「オフィスコンビニ」が普及してきているのをご存知でしょうか。『CPASS(シーパス)』は「オフィスコンビニ」のように、オフィスの一角に「置き型PCR検査キット」を設置し、オフィスで好きな時に検査ができるという画期的な新事業です。

置き型PCR検査キット事業立ち上げの課題点

『CPASS(シーパス)』の事業立ち上げと業務システム開発における重要課題はスピード感でした。感染拡大と共にオフィスでのPCR検査の重要性は日に日に拡大しており、その時流に乗るべく、わずか数ヶ月という短工期で業務システムを開発したいというご要望があったのです。
更にもう一点、ご依頼をいただいた段階ではまだビジネスモデルの構想段階で、具体的なプロセスまでは固まっていないという課題がございました。これまでにない新しいビジネスモデルを確立する際には、ただご要望に応じるだけでなく、システムのあるべき姿や将来像について共に考える事ができるコンサル的な視点を持つ業務パートナーが必要となってきます。
弊社では、これまで多数の企業様へSalesforceの導入を支援してきた実績やノウハウがあります。Salesforceを熟知しているため、スムーズに開発を行う事ができ、さらにコンサル的な支援も得意としております。その2点が決め手となり、本案件では弊社を選んでいただく事ができました。

コロナ禍におけるオフィスワークの味方『CPASS(シーパス)』事業の概要

弊社ではSalesforceを活用し、『CPASS(シーパス)』事業において以下のような業務システムを開発いたしました。
まず、クライアントとなる法人様に会員登録をして頂き、アカウントを発行します。法人様はそのアカウントでポータルサイトにログインすると、そのサイト上から検査キットの配置を申し込む事ができます。オフィスに置き型PCR検査キットをお届けし、お好きなタイミングで唾液の採取を行っていただきます。その後、同じポータルサイトから回収依頼を行うことが可能です。FUTURE GATES様で検体を回収した後は即日検査が実施され、検査状況や検査結果はポータルサイトやメールにてリアルタイムで共有されます。以上のような、配置や回収を依頼するポータルサイトの作成をはじめ、顧客情報や検体情報の管理、結果メールの送信まで、オールインワンの業務システムを弊社で開発させていただきました。

機密性に配慮した設計 PCR検査結果を取り扱うにあたって

さらに、PCR検査の結果というセンシティブな情報を扱うにあたって、プライバシーへの配慮を意識した設計を行いました。検体から個人が特定されてしまうことを防ぐべく、検体ごとに一意のトラッキングナンバーを紐付け、検体の回収以降は全てトラッキングナンバーのみでの管理を行います。そのため、検査を行う担当者からは誰が陽性になったかを確認することができません。
また、検査結果の報告はEmailで行われますが、その送信先を検査依頼時に自由に選択する事ができます。このような業務上での細かなカスタマイズを行いたい場合でも、Salesforceへの知見を持つ弊社なら実現可能です。

salesforce

FUTURE GATES様からのお言葉とこれからについて

FUTURE GATES様からは「コロナ禍で新たに生まれたビジネスチャンスを生かすために、スピード感を持って開発に励んでくださいました。新事業のビジネスモデルを深く理解し、業務にまで落とし込むお手伝いをしてくださったお陰で、リリースまで漕ぎ着ける事ができました。」というようなお言葉を頂いております。
今後、オフィスだけでなく、ホテルなどの民間施設や地方自治体の無料検査所など、置き型PCR検査キットの需要拡大が予想されます。現在『CPASS(シーパス)』のリリースは完了しておりますが、ビジネスモデルの変更等に伴うアップデートや、FUTURE GATES様の他事業で使用する業務システム開発に弊社を起用していただくなど、良好な関係を継続させていただいております。

PAGE TOP