ブログ

Power BI基礎編 初心者が知っておきたい列とメジャーの違い

Power BIを使用する際、列とメジャーのどちらを作成するべきか、悩んだ事がある方も多いかと思います。

今回は、初心者の方が困惑しやすい「列とメジャーの違い」について説明していきます。

列とメジャーとは

そもそもPowerBIでは、取り込まれたデータに対し、計算式や条件式を追加することができます。この追加するものを「列」や「メジャー」と呼びます。列とメジャーには以下のような違いがあります。

列:「1レコードに対する値」を計算する際に使用
メジャー:「テーブル全体」への計算を行う際に使用

イメージが湧きにくいと思いますので、実際にデータを使用しながら列とメジャーの違いを検証していきましょう。

DAX関数とは

説明を始める前に、少しだけ「DAX関数」に触れておきます。というのも、PowerBIでは、列やメジャーを作成する際に DAX関数を使用し、四則演算や条件の算出等を行うからです。

DAX関数の定義

DAX関数についてはMicrosoftのHPで以下のように定義されています。

Data Analysis Expressions (DAX) は、Analysis Services、Power BI、および Excel の Power Pivot で使用される数式表現言語です。
DAX の数式には、表形式データ モデルの関連テーブルと列のデータで高度な計算やクエリを実行するための関数、演算子、値が含まれます。
引用:https://docs.microsoft.com/ja-jp/dax/dax-overview (Microsoft)

つまりDAX関数とは、Microsoftにより提供されているアプリケーションにて使用できる言語であり、特にデータ分析をする際に使用される言語を指します。

DAX関数の例

「関数」と言われると嫌厭されがちですが、DAX関数は、Excelにて使用している計算式と同じものが多くあります。例えば、Excelにて使用される、計算式「+」や「*」や条件式「if」もDAX関数の一つです。

列とメジャーの作成方法 〜実践編〜

それでは、本題である「列」と「メジャー」の違いについて、実際にデータ分析をしながら確認していきましょう。

今回は、下記2つの列・メジャーを作成します。
①各製品の月間売上額
②1年間の合計売上額、及び、1年間を通した1ヶ月あたりの平均売上額

サンプルデータは以下のものとします。

列の使い方

それでは、「①各製品の月間売り上げ額」を求めていきましょう。
今回は、取り込んだデータの中に「Gross Sales」という列があり、製品の売上額が既にが入力されていますが、練習ですので新たに「列」を追加し、計算してみましょう。

新しい列を追加する方法


まずは、テーブル上に「列」を追加します。列を追加する際は、テーブル横にある「・・・」をクリック→新しい列を選択あるいは、テーブルを選し右クリックする事で、列の追加が可能です。

列:計算式の入力方法(乗法)

続いて、計算式を入力していきます。
各製品の月間売り上げは、「Unit Sold(売り上げ個数)× Sale Price(単価)」にて求められます。乗法は、Excel同様「*」を使用します。

式:Gross = financials[Unit Sold] * financials [Sale Price]
⇧列名   ⇧計算式

デフォルトでは、「列=」と表示されますので、列の部分は好きな列名に変更してください。ただし、テーブル上にすでに存在している列名を使用することはできません。

また、計算式を入力際は、テーブル名[列名]という形式になります。テーブル名を入力すると、リストから選択できるようになりますので、該当の列を選択してください。

計算結果の確認方法

入力が完了したら、enter keyあるいは✔️を押すことで、テーブル上に列が追加されます。列のアイコンには、Fxと書かれたマークのアイコンがつきます。

では実際に作成した列を表へ追加し、計算結果を確認してみましょう。

今回はすでに「Gross Sales」が作成されていたため、確認の意味を込めて表へどちらも追加しました。どちらの値も同じですので、計算結果が正しいと言えます。

検算の重要性

当然のことかもしれませんが、計算列を作成した際は必ず検算するようにしてください。特にデータのリレーション等を作成している場合やデータ量が多い場合は、想定外の値となることがあります。単純な計算であっても検算するクセをつけておくことが大切です。

メジャーの使い方

続いて、「メジャー」を追加し「②1年間の合計売げ額、及び、1年間を通した1ヶ月あたりの平均売り上額」を求めていきます。

今回は1年間分のデータを取り込んでいますので、まずは合計金額を集計し、集計した額を12で除算します。

新しいメジャーを作成する方法

メジャーの作成方法は列と同じように「・・・」からメジャーを追加、あるいはテーブル上で右クリックし、新しいメジャーの追加を選択する事で追加できます。

メジャー:計算式入力方法(集計)

作成したメジャーへ計算式を入力していきます。「Units Sold(売上額)」の集計ですので、Excel同様「SUM」を使用します。

式:TotalUnitSold = SUM(financials[Units Sold])
⇧メジャー名    ⇧式

メジャー:VARへの計算式入力方法(除算)

続いて、新しいメジャーにて、1年間の売上合計を基に、1ヶ月あたりの平均売上を計算します。「TotalUnitsSold(売上合計)÷12」ですので、以下のような式となります。

式:average = financials[TotalUnitSold] / 12
⇧メジャー名    ⇧式

除算はExcel同様「/」を使用します。

計算結果の確認方法


列と同様に、enter keyあるいは✔️ボタンにて計算が実行され、テーブル上にメジャーが追加されます。電卓のマークがメジャーのアイコンです。

補足:クイックメジャー

今回は説明しておりませんが、メジャーには「クイックメジャー」という機能が用意されております。クイックメジャーでは、DAX関数を直接書かずに、設定を行うだけで簡単にメジャーを作成することができます。関数が苦手な方はこちらを使用してみるのもいいかもしれません。

まとめ:列とメジャーの違い

最初にも定義した通り、列は、「1レコードに対する値」を計算する際に使用し、メジャーは、「テーブル全体」への計算(集計)を行う際に使用するという違いがあります。

Power Queryで確認する列とメジャーの違い


Power Queryにて実際に作成したデータを確認すると、分かりやすいかと思います。

私達が追加した「gross」という列は、右側に追加されているのに対し、「TotalUnitsSold」や「average」はテーブルに追加されていないことが分かります。

Grossは、1レコードに対し計算を行ったため、各行に値を持つことができますが、TotalUnitsSoldやaverageは、テーブル全体(集計した値)への計算結果ですのでテーブル上へは追加さないという違いがあります。

終わりに

列とメジャーの利用方法の違いについてお分かり頂けたでしょうか。この2つの違いを理解することで、より複雑な集計をすることが可能となります。次回のレポート作成時に、是非使用してみてください。

PowerBIの入門書を発売中!

Power BIハンズオンセミナー
弊社ではPower BIをはじめとするさまざまな無料オンラインセミナーを実施しています!

詳しくはこちらをクリック!

弊社ではPowerBIの導入支援を行っています。
お気軽にお問い合わせください!

詳しくはこちらをクリック!

この記事を読んだ方の多くは以下の記事も読まれています。

PAGE TOP