ブログ

Power BIのアップデート方法について 現在のバージョンの確認方法とともに解説

この記事では、「Power BIのアップデートの方法がわからない」
「“更新ファイルがあります”というメッセージが表示されたけど、どうしたらいい?」
というかたに向けて、Power BI のアップデート方法を紹介します。

現在のバージョンの確認方法もあわせて解説するので、「しばらく更新してないな」というかたも、ぜひご覧ください。

また、最新版に自動でアップデートしてくれる、Power BI の「ストア版」への乗り換え方法も、記事の後半で紹介します。
「ストア版」は、Windows 10をお使いのかたなら、はじめからインストールされているMicrosoft Storeアプリからダウンロードできます。

Power BI のアップデートは、多いときは月に1度というように頻繁におこなわれます。
毎回のアップデートが負担に感じているかたにとっては、ストア版のほうがストレスなく作業ができますよ。

Power BIのアップデートの方法は?

まずPower BIを起動したときに、「更新ファイルがあります」という表示がある場合は、お使いのバージョンが古くなっているため、アップデートの必要があります。

また、更新ファイルの有無は、現在インストールされているPower BI のバージョンと、最新版のバージョンの2点をチェックすることで確認できます。

更新ファイルをダウンロードするするためには、「更新ファイルがあります」のリンクをクリックするか、最新バージョンのソフトをMicrosoftのホームページにアクセスする必要があります。

なお、Power BI をアップデートするために、既存のバージョンをあらかじめアンインストールしておく必要はありません。

現在ダウンロードしているバージョンの確認方法

まずPower BI を起動して、トップ画面の「ファイル」のタブを選択します。
次に、左下の「バージョン情報」をクリックします。
すると、下の画像のようなウィンドウが出てきますので、現在ダウンロードされているバージョンを確認しましょう。

最新版のバージョンの確認方法

Microsoftの公式ホームページから、Power BIのページを開きます。
Microsoft公式HP

「詳細」タブをクリックしてドロップダウンを開いて、一番上の行に記載されたPower BI の最新のバージョン情報を確認します。

これら2点を確認して、ダウンロードしているバージョンが古いようでしたら、最新版のPower BIを再度ダウンロードする必要があります。

最新版のダウンロード方法

Power BI をダウンロードするためには、先ほどのMicrosoftのページにアクセスします。
Microsoft公式HP

「言語を選択」のドロップダウンから、「日本語」を選択して、「ダウンロード」をクリックします。

すると、ダウンロードするプログラムの選択画面が出てきますので、ご自身のパソコンのアーキテクチャ(64bit版、32bit版など)に合ったプログラムを選択してください。
筆者の場合は Windows 10の64Bit 版ですので、「PBIDesktopSetup_x64.exe」のプログラムに該当します。
プログラムを選択して「次へ」をクリックすると、ダウンロードが開始します。

ダウンロードしたプログラム(拡張子が「.exeのファイル」)を起動すると、アップデートを開始します。
これで最新版へのアップデートは完了です。

OSのアーキテクチャの確認方法

補足として、OS のアーキテクチャの確認方法を紹介します。
ご自身のOSアーキテクチャ (x32またはx64)の確認は、「設定」のアプリからおこないます。
「システム」を選択して、「詳細」のタブをクリックしてください。
「詳細」タブの中に、下の画像のような表示が出てきてきます。

「システムの種類」の欄から、「64ビットオペレーティングシステム」という記載があれば、「PBIDesktopSetup_x64.exe」にチェックを入れて、ダウンロードしてください。

ストア版なら、自動更新されるのでオススメ

ここまで、Power BI のアップデート方法について解説してきました。
しかし、Power BIのアップデートは、月に一回というように頻繁におこなわれることがあります。

「毎回の更新作業がめんどくさい」、「アプリを立ち上げるたびに更新して、生産性が下がる」と思われてる方もいらっしゃるでしょう。
Power BI には最新版へのアップデートを自動でおこなってくれる、「ストア版」が用意されています。
Windows 10のパソコンなら、プリインストールされている、「Microsoft Store」アプリからダウンロードできるので、乗り換え作業もかんたんですよ。

Microsoft Store から Power BI をダウンロードする

ここからは、「ストア版」のPower BIのダウンロード方法を解説します。
まず、下の画像のアイコンの「Microsoft Store」アプリを起動してください。

ストアのトップ画面の検索ボックスに、「Power BI」と入力して検索します。
すると下の画像のようにPower BI が表示されますので、「入手」のボタンをクリックすると、ダウンロードが開始します。

ストア版の Power BI を開いてサインインする

「Microsoft Store」からのダウンロードが完了すると、自動でPower BIが起動します。
トップ画面のポップアップから、これまでPower BIに使用していたMicrosoftアカウントでサインインすることで、これまでの作業を引き継ぐことができます。

まとめ

ここまで Power BI のアップデート方法について確認してきましたが、いかがだったでしょうか。
Power BI は頻繁にアップデートされているので、最新の機能を使おうとするとダウンロード版だとアップデートの手間がかかります。

まだダウンロード版をお使いの方は、このタイミングでストア版に乗り換えて、ストレスなくPower BIを使っていただきたいです。

弊社ではPower BIの導入支援をおこなっています。
お気軽にお問い合わせください!

PAGE TOP