ブログ

Pardotとzoomを連携させる方法とは?

「PardotとZoomを連携させて、オンライン開催のセミナー参加者を見込み客リストに追加したい」
「ZoomとPardotの連携には、どのようなメリットがあるの?」

BtoBビジネスでは、オンラインを活用したインサイドセールスが中心となりつつあります。オンライン開催のセミナーは、見込み客獲得の場において効果的な施策です。オンライン開催のセミナーを活用するには、PardotとZoomの連携方法を理解する必要があります。

この記事では、PardotとZoomの連携方法をZoomフォーム主導とPardotフォーム主導に分けて紹介します。また、PardotとZoomの連携によるメリットやデメリット、注意点についても紹介します。ZoomとMAツール連携について検討している管理者の方は参考にしてみてください。

Pardot とZoomの2パターンによる連携方法

PardotとZoomを連携して、オンライン開催のセミナーによる見込み客を獲得する方法を紹介します。連携方法は、2つのパターンに分けて解説します。

Zoomフォームでの連携方法

Zoomフォーム主導のPardotとZoomの連携を紹介します。

はじめに、連携ではZoomのウェビナープランを契約していることが前提です。また、ZoomやPardotにおける管理者権限があることも前提となります。手順で利用するツールは、ZoomとSalesCloud、Pardotの3つです。

まず、Zoom Marketplaceから「Pardot連携アプリ」をダウンロードします。
ダウンロードURL:https://marketplace.zoom.us/apps/FXW6cSzQSaW8LaGMDeVSKw

  • Zoom Webinarアカウントによりオンライン開催のセミナーを作成
  • SalesCloud上でオンライン開催のセミナーキャンペーンを作成
  • 親キャンペーン 子キャンペーンの作成
  • Pardotのリスト作成

    次に連携先となるPardotリストを作成です。リストは3つ作成します。

    登録:Zoomオンライン開催のセミナーの登録フォーム経由で申し込んだプロスペクトをリストに追加
    参加:オンライン開催のセミナー参加者が入るリスト
    欠席:オンライン開催のセミナー欠席者が入るリスト

    Pardotで2種類のフォームハンドラーを作成

    続いて、Pardot上で2種類のフォームハンドラーの作成です。

  • 登録用フォームハンドラー
  • 参加用フォームハンドラー
  • フォームハンドラーの作成により、登録者とキャンペーンが結びつけられます。

    登録フォームハンドラーの作成

    次に、登録フォームハンドラーの作成です。SalesCloudで作成した登録キャンペーンを選択して、登録フォームハンドラーを作成します。[フォームハンドラーを編集]画面の[トラッカードメイン]下にある2つの項目にチェックが必要です。

  • 「キオスク/データエントリーモード:ブラウザーは送信したプロスペクトとしてcookieに記録されません」
  • 「成功した場所へのデータ転送を有効化」
  • 続いて、[完了アクション]の設定で登録者用につくったリストを選択します。その際、SalesCloudで作った登録キャンペーンを選択しましょう。[ユーザーに割り当て]では担当者の設定が必要です。

    ここまでの設定により、オンライン開催のセミナーとSalesCloudの同期が完了します。完了後、ZoomとPardotのフォーム項目をマッピングしましょう。

    ZoomとPardotのマッピングについては、下記ページを参考に設定ください
    https://zoomappdocs.docs.stoplight.io/pardot

    参加フォームハンドラーの作成

    参加フォームハンドラーの作成は、先ほど作成した登録フォームハンドラーをコピーして活用します。コピーしたフォームハンドラーは、次の部分のみ変更が必要です。

  • 名前
  • 完了アクションのリスト
  • CRMキャンペーン
  • ZoomとPardotの連携

    Zoomオンライン開催のセミナー設定から、[リストからPardotで見込み客を作成]を選び、それぞれ3つのリストを設定します。

    Pardotで作成した登録リスト:Registration List
    Pardotで作成した参加リスト:Attendee List
    Pardotで作成した欠席リスト:Absentee List

    次に、[Form HandlerからPardotで見込み客を生成]を設定しましょう。
    Pardotで作った登録者・参加者それぞれのフォームハンドラ―URLの指定が必要です。フォームハンドラーURLをチェックするには、エンドポイントURLを参照します。

    ここまでの設定により、登録者データがPardotのフォームハンドラーとリスト、Salesforceキャンペーンに追加となりました。
    ここまでの設定により、ZoomとPardotの連携が完了し、オンライン開催のセミナー参加者のデータをPardotに追加できます。

    Zoomフォーム主導による連携のメリット

    Zoomフォーム主導による連携メリットは、次の通りです。

  • フォームがつくりやすい
  • オンライン開催のセミナーへの登録者・参加者・欠席者のデータをPardotに追加できる
  • Pardotフォームでの連携方法

    Pardotフォーム主導での連携方法について紹介します。連携の前提条件は、Zoomオンライン開催のセミナーライセンスを購入することです。また、Pardotの管理者権限も必要になります。

    Zoomオンライン開催のセミナーライセンス購入URL:
    https://zoom.us/pricing/webinar

    Zoom管理画面より、登録ページのないZoomオンライン開催のセミナーを作成しましょう。
    次に、SalesCloudによりキャンペーンを作成します。

    Pardotによりリスト作成→Pardotによりフォーム作成→SalesCloudで作成したキャンペーンを選択→フォーム項目を編集→デザインテンプレートを選択→フォーム登録者に表示される「お礼メッセージ」の作成まで、Zoom主導のときと同じような流れで作成していきます。

    完了アクションの設定を終えたら、ランディングページの作成に入ります。ランディングページは、直感的な操作で自由なカスタマイズが可能です。
    オンライン開催のセミナー終了後に参加者データをZoomからエクスポートし、Pardotへインポートします。Zoomのプロフィールページから参加者レポートへ移動し、CSVレポートを作成することが出来ます。

    あとは、エクスポートしたCSVファイルをPardotにインポートすれば連携完了です。
    ※「管理」→「インポート」→「プロスペクト」にてインポートできます。

    Pardotフォーム主導による連携のメリット

    Pardotフォーム主導による連携のメリットを紹介します。Pardotフォームを活用した場合は、フォームデザインの直感的なカスタマイズが可能です。(ただし、Pardotのテンプレートにないデザインにする場合、HTMLなどの知識が必要になります。)

    また、Pardot主導であれば、新規見込み客のトラッキングができます。
    PardotとZoomの連携では、リストベースでの連携がおすすめです。その理由として、リストの設定しやすさと連携内容に大差がないことがあげられます。

    PardotとZoomを連携するメリット


    PardotとZoomを連携するメリットは、次の通りです。

  • Zoom オンライン開催のセミナー参加者のデータをPardotで活用できる
  • Zoom側のフォーム登録者をPardotのリストに追加できる
  • オンライン開催のセミナー参加者のアクティビティが可視化されトラッキングできる
  • トラッキングデータはスコアリング分析につながる
  • PardotとZoomを連携させると、連携により追加した見込み客に対して、早い段階で営業担当のフォローを実行できます。
    マーケティング活動においては、リード育成に向けたナーチャリングメールによる訴求が可能です。また、オンライン開催のセミナーの参加者や欠席者をPardotのリストに反映できるため、オンライン開催のセミナー開催によるROIの測定にもつながるでしょう。

    PardotとZoomの連携は、データを反映させたリストを活用した2次的なメリットがあります。
    2次的なメリットは、次の通りです。

  • Salesforceに追加する新規リードを作成できる
  • Salesforceキャンペーンに追加できる
  • Engagement Studioのデータとして活用できる
  • リスト内のプロスペクトにスコアを付与できる
  • PardotとZoomの連携によるデメリット

    PardotとZoomの連携によるデメリットも紹介します。

    Zoomフォーム主導連携:フォームデザインをカスタマイズすることが難しい
    Pardotフォーム主導連携:登録者の参加や欠席データの管理を手動設定が必要
    Zoomフォーム主導連携:新規見込み客のトラッキングができない

    また、Salesforceとの連携でできたことがZoomとの連携ではできません。別のオートメーションルールの設定が必要になります。

    PardotとZoomの連携による注意点


    PardotとZoomの連携による注意点を紹介します。

    PardotとZoomの連携ではCookieに注意する

    PardotとZoomの連携ではCookieに注意が必要です。ZoomフォームにはCookieを埋め込むことが出来ないため、Pardotからメールを送信して、Cookieのひも付けをすることが必要です。

    Zoomとの連携では、参加者のオンラインアクティビティの保存ができない

    Zoomとの連携では、参加者のオンラインアクティビティを保存できないことを理解しておきましょう。リストなど別途、自動化ルールの設定が必要です。
    Zoomから参加者リストを手動でエクスポートして、Pardotにインポートすることになります。

    まとめ

    今回は、PardotとZoomの連携方法について、解説してきました。
    連携方法は、2通りあります。どちらの連携方法においてもメリットデメリットがあるため、自社の状況にあわせて活用してみてください。

    PAGE TOP