ブログ

初心者でもできる!Pardotの活用方法 Salesforceのレポートを部署内で共有

「Salesforceと連携でPardotを使うことになったけれど・・・」
「マーケティングオートメーションツールは使ったことがないからわからない」

Salesforceを利用している企業がPardotを導入することは珍しくありません。その理由は、SalesforceとPardotの連携が営業部門にもマーケティング部門にも効果があるからです。マーケティング担当者が保有する見込み客の行動情報は、営業担当にとって商談時の提案に役立ちます。

そのため、マーケティングオートメーションツール未経験の営業担当者がPardotを活用することになるでしょう。この記事では、Pardot未経験者にとってわかりやすい活用方法の解説です。初心者がPardotを活用するために役立つ学習方法など紹介します。

Pardotとは?わかりやすく


それでは、初心者でも理解しやすいPardotを紹介しましょう。Pardotとは、マーケティングオートメーションツールの1つです。Pardotを理解するためには、マーケティングオートメーションツール(MAツール)のことを知る必要があります。

MA(マーケティングオートメーション)ツールとは?

MAツールとは、マーケティング担当者が実行するマーケティング活動の自動化と可視化ができるツールのことです。MAツールは、マーケティング対象となる見込み客のデータや見込み客の行動の調査データをツール内データとして管理します。

 見込み客のデータ=見込み客固有の属性情報(名前・所属組織名・連絡先など)
 見込み客の行動調査データ=Webトラッキングデータ

MAツールは、見込み客のデータをツール内で管理することが基本です。ツールにより、見込み客に適した提案コンテンツを作成します。見込み客への提案は次の施策において活用可能です。

 メルマガ
 イベント
 ウェビナー
 オウンドメディアなど

MAツールは、施策ごとに見込み客が興味関心を高めるコンテンツをつくるための精度向上に役立ちます。見込み客の購買意欲を高めるには、MAツールによるデータ分析と自動化が効率的な取り組みになるでしょう。

MAツールの必要性

昨今の消費者行動は、多様化が進んでいます。購買を検討する行動では、スマホによるインターネットが主流です。このような下調べの仕方が、MAツールの必要性が高くなった理由になります。

従来では、新規開拓のためにダイレクトメールやテレアポなど、営業担当の行動がほとんどでした。現在の消費者行動では、自らインターネット経由で資料をダウンロードして、自ら導入事例をチェックして購入の判断材料にしています。

消費者が相手にしているのは、インターネットを介した情報データです。情報データは、個人向けに多角化され、営業担当者が手動で抱えられないほどの量になっています。情報データは、人間では扱えない量となり、管理が必要です。このような背景がMAツールの必要性を高めています。

とくに少数精鋭で運営している企業にとっては、ツールによってマーケティング活動を効率よく管理することにより、精度の高い営業に集中して取り組めるでしょう。また、マーケティング活動を外部コンサルに依頼している企業にとっても、自社リソースで取り組むための必須ツールとなります。

MAツールのPardotについて

MAツールの「Pardot」とは、世界的に有名なCRM「Salesforce」を手がけるセールスフォース・ドットコム社から提供されているMAツールです。時代背景に必要な解決策として、マーケティング活動の自動化と効率性を高めるために役立ちます。Pardotを使うことにより次の業務の精度を上げることが可能です。

 見込み客に対して個別対応の精度を上げられる
 見込み客の明確なデータ化により精度を上げられる
 見込み客の訴求タイミングを分析により提案できる

Pardotは、MAツールとしてマーケティング活動の精度向上につながります。Salesforce製品のため、同じ製品となるCRMとの連携により、セグメントの抽出など営業活動の精度を高められるでしょう。

初心者でも使えるツールなの?

Pardotは、初心者でも使えるのでしょうか?その答えはイエスです。Pardotは、初心者でも活用しやすくするために、全体的な使い方をわかりやすく解説しています。具体的には、Pardot活用のコンテンツマップの公開です。

 事前準備:活用方針決定→マニュアルを参考にした初期設定
 見込み客獲得:コンテンツ作成(フォーム・フォームハンドラー・ランディングページ)
 見込み客育成:コンテンツ配信(リスト作成・リストメール)
 見込み客選別:営業担当への送客(スコアグレード・ページアクション)
 ここまでのリード対応を自動化:Engagement Studio活用
 商談・成立時・契約後:Salesforceと同期してレポートを共有・施策効果の分析

Pardotの導入とSalesforceとの連携により、見込み客獲得から商談成立後のキャンペーンまで、ツールの自動化と効率性がビジネスを加速することになります。Pardotは、データ管理やタイミング判断などツールに委ねられるため、ここで紹介したコンテンツマップの流れさえつかめば初心者でも十分に活用可能です。

Pardotは動画で学べる


Pardotは、初心者でもわかりやすい動画学習が用意されています。Pardotの動画は、マーケティングオートメーションツールを使う前の初心者を想定した内容です。動画により理解を深めることも習得への近道になるでしょう。

Pardotの活用についてWebセミナー動画(内容:Webマーケティングの考え方・Pardotの各機能の活用方法)
動画URL:https://salesforce.vidyard.com/watch/Xp8hZ4jY1w8TMSRf8MYyEy

MAツールを活用した営業メールの送信設定解説動画
動画URL:http://salesforce.vidyard.com/watch/3S4Ybjs8g2tqZ7tTFBXTS6

お客様の興味関心に訴求できるフォーム作成解説動画
動画URL:http://salesforce.vidyard.com/watch/2nppfW7sxdz4NpNEL79wWV

Pardotの導入における必要な初期設定の解説動画
動画URL:https://salesforce.vidyard.com/watch/bz7AJphV6jbsZEjau31dkK

Pardotのメール配信における初期設定の解説動画
動画URL:https://salesforce.vidyard.com/watch/8P1Jh9aEwEXFxDcYvuNTk4

Pardotの機能紹介:どのような時に便利なのか

それでは、Pardotがどのような時に便利なのか?便利な機能について紹介しましょう。

リードスコアリング機能:見込み客を数値としてデータ化

Pardotにはリードスコアリング機能があります。Pardotを使うことにより、自社に関心を持つ見込み客をAIにより自動検出することが可能です。スコアリングにより見込み客の属性はデータ化されます。

行動スコアリング機能:見込み客への訴求タイミングを提案

行動スコアリング機能は、見込み客に対しての訴求タイミングを提案する計測機能です。ツールにより提案を判断されるため、自分で試行錯誤する必要がありません。

キャンペーンインサイト機能:成約されやすいキャンペーンをリアルタイム検出

キャンペーンインサイト機能は、見込み客と共通するテーマをリアルタイムで見つけ出し、成約される可能性を高められます。

トラッキング機能:インターネット上のユーザー行動を追跡しデータを記録

トラッキング機能は、インターネット上でユーザーがどのような行動をとるのか?ユーザー行動を追跡する機能です。追跡により得たデータは、ユーザー行動データとして記録され施策を作る判断材料になります。

リードの一元管理:各見込み客の育成レベルを可視化

リードの一元管理は、それぞれの見込み客がどの程度の購買プロセスの段階にいるのか?育成レベルの判断に役立つでしょう。リードナーチャリングの可視化は、レベルに最適な営業判断に活用できます。

ROIの測定:費用対効果の測定

ROIの測定では、顧客獲得から成約後の対応まで実行した訴求に対する反応を分析可能です。分析により、費用対効果の悪い訴求を検出し、無駄のない営業に取り組めます。

専用ページ・フォーム作成:ページやフォームの直感操作による作成

Pardotでは、ドラッグ&ドロップだけの直感的な操作だけでキャンペーンページや申し込みフォーム、ランディングページなどの作成が可能です。Pardotは、見込み客との接点となるコンテンツ作成が簡単にできるため、初心者でも活用しやすいツールになります。

まとめ

今回は、初心者でもPardotが利用できるか?Pardotの特徴をわかりやすく解説してきました。Pardotは、ツール全体のコンテンツを理解できれば、実践での活用を進められます。とくに、Salesforceとの連携が効果的です。Pardotを活用してsalesforceのレポートを部署内で共有できれば、営業活動の精度が上がるでしょう。

PAGE TOP