ブログ

コロナウィルスに対して、Tableauはどのような役割を果たすことができるのか?分析と対策例をご紹介

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に伴い、深刻な打撃と課題が拡大している中、こうした問題を解決するためには、今まで起こった問題を解決するためのデータ収集・解析が必要不可欠です。

この解析に重要な役割を担っているのが、BIツールである「Tableau」です。特にこのコロナウィルスの感染拡大に伴い、Tableauを活用した状況把握や現状解析を行う企業が増え、様々な支援対策を行われています。

そこで、このTableauは、実際にどのように利用され、またどのような利用メリットや影響があるのか、現在の対策事例も含めて解説していきます。

Tableau(タブロー)とは


そもそもこのTableauとは、どのようなツールなのか?

Tableauとは・・・・

そもそもこのTableauは、世界でも人気の高いビジュアル分析に長けているプラットフォームの一つで、企業に蓄積されている膨大なデータを集約して、分析することができるツールです。

このTableauというプラットフォームは、様々なシステムとの連携が可能で、あらゆる種類のデータを収集し、手軽かつ迅速にデータを実用的なチャートやグラフ化できることで知られています。操作性も非常に手軽でドラッグ&ドロップでできるくらい手軽に利用できます。

多くの国で利用されているため、毎年秋にTableau Conferenceが開催され、トレーニングや事例紹介、機能紹介のセッションが行われているほど利用頻度が高いプラットフォームなのです。

Tableauの利用メリットとは

Tableauは、主に下記のようなメリットがあります。

<Tableauの主な7つの利用メリット>
・カスタマー中心のイノベーション
・データドリブンな文化の構築
・直感的なユーザーエクスペリエンス
・一画面で複数の表やチャートを表示に対応
・多量の分析データ・統計データに対応
・誰でも短期間で習得が可能
・エクセルのデータ容量の限界をTableauなら対応可能

Tableauの改革は、常にカスタマーからフィードバックを基に常に進化を続けているため、お客見た目や利用価値の改善を図り、利用メリットそして有用性のある機能を付けることで実際のビジネス上での問題解決し続け、かつ進化し続けているステムになっています。

まさに今現代のようなコロナウィルスなどの起こっている問題を、いち早く解決できるようなデータドリブンな文化を構築することに力を注いでいます。

Tableauは、こうしたデータ情報を瞬時にチャートや表、グラフ化することで、データ分析の資料にできる機能が備わっており、こうした情報を初心者の方でも手軽に図表化できるので、様々な視点からデータ解析を行うことが可能です。

特に、皆様が利用されるエクセル等も統計データを分析できるツールの一つですが、10万件以上のデータを取り扱うことは困難です。しかし、Tableauであれば、大容量のデータも瞬時に取り扱えます。エクセルで管理している情報と別で管理していた情報などをまとめて、Tableauで表示する際にも、比較的手軽に対応ができ、ありらこちらに点在しているデータも取り入れることができる強みを持っています。

データサイエンティストからビジネスユーザーまで、誰もが機械学習やスマートなデータを活用してインサイトを短時間で見出すことができます。

Tableau は科学研究の成果を基づいて作られ、日々改善されているため、高速かつ簡単そして直感的な分析を実現しています。瞬時に反復的にデータを分析でき、結果がすぐに見える化できるため、非常に利用しやすいプラットフォームと言えるのです。

コロナウィルスの統計分析に利用されるTableauの主な利用方法とは


まさに今、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックに伴い、医療業界や経済界でも迅速かつ適正なデータ分析が必要不可欠な中で、相対的なデータ分析や解析の情報が遅延し、不足している実態が、さらなる新たな問題を引き起こしています。

そのためにも、こうしたコロナ対策に向けた迅速なデータ分析の対応ができる環境構築が急がれています。

その利用に関して重要視されているのが下記3つです。

<コロナウィルスに関するTableauの主な利用方法>
1.医療機関向けCOVID-19のデータ解析
2.行政機関向けCOVID-19のデータ解析
3.経済界向けCOVID-19のデータ解析

ただこの3つと言っても、分析する内容は多岐に渡ります。

1.医療機関によるTablueを利用したCOVID-19のデータ解析

例えば、医療機関では、Tablueを活用したCOVID-19のデータ解析の事例として、下記のような解析に利用されています。

  • コロナウィルスの増加率の測定
  • 市場別コロナウィルス感染域の分析
  • コロナウィルスによる感染者数・死亡者数の推移
  • ホットスポットになっているアメリカ州を分析

コロナウィルスはどんな条件化で感染が拡大していくのか、どのような市場では感染が広がりやすいのか等、分布域の計測や国別の感染者死亡者数の解析など様々な視点から医学的な解析が、このTableauを利用して、データ収集そして解析が行われています。

2.行政機関によるTablueを利用したCOVID-19のデータ解析

また行政機関では、下記のような視点によるデータ解析が行われています。

  • コロナ化における失業率の割合
  • パンデミックによる各国の政策

特に、米国における失業率は懸念されており、アメリカの失業問題に関して、このTablueを利用した様々な視点での解析が行われています。その一例として、全米および州レベルでの失業保険申請件数や職業と年齢別失業率の割合等も、このTablue利用して解析が行われてきました。

またパンデミックによってどこの国でロックダウンや行動制限が行われているのか等どのような政策が行われているのかについてもこのTablueを利用してまとめられています。

3.経済界によるTablueを利用したCOVID-19のデータ解析

また経済界からもこのTablueを活用したデータ解析が行われています。その事例が、下記になります。

  • 消費者や従業員はこの危機的状況の市場別の統計データ
  • 新型コロナウイルスに対する航空業界の対応と回復
  • 小売業者の事業に対する新型コロナウイルスの影響予測

Salesforce Researchでは、消費者や従業員の生活環境や雇用環境がどのように変わっているかを把握するため、様々なカテゴリからアンケート調査を実施。回答者の「居住国・世代・収入レベル・性別」等で様々な視点からフィルタリングすることで現在の動向分析に役立てています。

特に小売業は、「打撃を受けやすい」という実態が、このTablueを活用した統計データによって解明されてきています。今後、こうした情報を基にどのような対策を打ち出しいくべきかが重要な課題となっています。

コロナウィルスによる問題に対するTableauを利用した対策成功事例の紹介


コロナウィルスにおける問題はまだまだ完全なる原因解明・解決には至っていないこともまた事実ですが、こうした問題をTableauを活用して解決の糸口を見出せることもまた事実です。

その成功事例を一部ご紹介しておきたいと思います。

<Tableauを利用した対策成功事例>
・小売業の売り上げ低迷における非対面接客への方向転換による売り上げの回復
・医療業界のコロナ陽性者数や患者数の分析による適切な意思決定
・影響の受けやすい取引やセグメントの把握

1.小売業で売り上げが回復した事例

コロナウィルスの影響により、その打撃に直面している日本の小売業界でも、消費者の購買動向、市場行動をトラッキングして、消費自体をカテゴリーに分けて営業獲得に役立てている事業主もいます。

実際に日本のとある小売業では、2カ月の店舗休業を余儀なくされる自体となり苦しい期間がありましたが、その後Tableauを利用したデータ分析を行い、施策をデジタル化することで、社員の意識改革が功を奏し、非対面営業スタイルを構築し、売上を2倍以上増大させたという事例があります。

2.医療リソースを適切に意思決定する事例

米国のSlalomが、病院のリソース管理をサポートするスターターキットを開発し、コロナの陽性患者数や患者数や患者の状態を分析し、医療リソースについて適切に意思決定を行っている事例もあります

またカリフォルニア州保健福祉省は、州や郡単位でコロナの症例に関する統計データを分析し、感染防止対策に向けた新たな施策を行うのに活用しています。

3.影響を受けやすい事業やセグメントを把握できる事例

どんな事業や業態に新型コロナウイルス流行の影響を受けやすいのか、これを把握することができれば、行政や政界でその投資・サポートの仕方を検討することができます。このように、コロナウィルスそのものをブロックするための施策に合わせて、受けたダメージを軽減するための対策についても、このTableauを活用した分析によって、様々な施策を検証することができるのです。

このように、直接的な解決には至らない部分はありますが、

  • 分析し解決へ導くための一つの指標として
  • 次の施策を踏み出す1歩を与えてくれる分析情報として

このTableauは利用され続けているのです。こうした分析と新たな行動・革新を推進した企業の中で、上記のようなよい成功事例が生まれるケースが出てきています。

まとめ

このように、Tableauというビジュアル分析に長けているプラットフォームは、コロナ禍において、瞬時なデータ解析においてなくてはならない存在となっており、またTableauのおかげで様々な原因が特定できていると言っても過言ではないのです。

非常に重大で過酷な難題に直面している現代ですが、強固で柔軟のツールから生まれるその分析データをヒントに人間の知能と行動する力を武器に、一つ一つ解決の糸口を見つけていく必要性があるのです。

PAGE TOP