ブログ

Account Engagement(旧:Pardot)にログインできない場合に確認すべき11のポイント

「Account Engagement(旧:Pardot)にログインできない」
「急にログインできなくなった、原因がわからない」

Account Engagement(旧:Pardot)にログインできなくてお困りではないでしょうか?とくに久しぶりのログインでエラーになるケースは多いことでしょう。Account Engagement(旧:Pardot)のログイン環境は大きく変更しています。

Account Engagement(旧:Pardot)ユーザは、2021年2月15日以降からSSO経由のログインとなりました。SSO(シングル・サイン・オン)とは、1つのユーザ認証を複数のシステムで利用可能にする認証システムのことです。

SSO経由への変更により、Account Engagement(旧:Pardot)は直接的な認証ができなくなりました。すべてSSOを通して認証します。たとえば、パスワードのリセットなどもAccount Engagement(旧:Pardot)では直接的にできなくなりました。パスワードのリセットについては、Salesforce上で行う必要があります。

今回の記事は、Account Engagement(旧:Pardot)にログインできないときの確認ポイントの紹介です。11の確認ポイントを紹介する前に、2021年2月15日からAccount Engagement(旧:Pardot)へのログインは、Salesforceの認証情報のみ利用できる変更点をふまえておきましょう。そのうえで参考にしてみてください。

目次

Account Engagement(旧:Pardot)のログインができません【ポイント1】メールアドレスがわからない


Account Engagement(旧:Pardot)にログインできないケースとして、メールアドレスがわからないことも考えられます。ログイン用のメールアドレスが不明なときは、SalesforceまたはAccount Engagement(旧:Pardot)の管理者に問い合わせることが必要です。2021年2月15日からAccount Engagement(旧:Pardot)へのログインは、Salesforceの認証情報のみ利用できるように変更されています。

Account Engagement(旧:Pardot)のログインができません【ポイント2】パスワードがわからなくなった

Account Engagement(旧:Pardot)のログインパスワードがわからなくなった場合は、Salesforceのパスワード再設定方法を利用しましょう。パスワードがわからない場合は、リセットが必要になることも考えられます。手順は次のとおりです。

  1. Salesforceログインページの「パスワードをお忘れですか?」を選択
  2. 秘密の質問に答える
  3. 秘密の質問の回答が正解であれば、新しいパスワードが発行される

「パスワードをお忘れですか?」のリンクが有効になっていない標準ユーザの場合は、システム管理者に問い合わせましょう。

システム管理者がパスワードを忘れてしまった場合は、Salesforceのサポートへ連絡が必要です。サポートから届くパスワードリセットメールは、セキュリティの「秘密の質問」をスキップできます。リセットメールにより、パスワードのリセットの手続きを実行できます。

Account Engagement(旧:Pardot)のログインができません【ポイント3】秘密の質問の回答がわからない

秘密の質問の回答がわからない標準ユーザは、システム管理者に問い合わせてみましょう。システム管理者の場合は、電話サポートも利用できます。秘密の質問は、正常にログイン完了後、再設定が可能です。秘密の質問は、次のように再設定します。

  1. 自分のアイコンを選択
  2. 「設定」を選択
  3. 「クイック検索」ボックスに「変更」を入力
  4. 「私のパスワード」を選択
  5. 既存パスワードを入力
  6. セキュリティ用の質問リストから選択
  7. 秘密の質問の答えを入力
  8. 「保存」で完了

Account Engagement(旧:Pardot)のログインができません【ポイント4】ユーザ名が作成されていない

Account Engagement(旧:Pardot)管理者がユーザ名を作成していない場合は、ログインできません。「あなたのユーザ名がまだ作成されていません」と表示されます。この場合は、Account Engagement(旧:Pardot)管理者に問い合わせが必要です。

Account Engagement(旧:Pardot)のログインができません【ポイント5】Account Engagement(旧:Pardot)ユーザから削除されている


Account Engagement(旧:Pardot)管理者が何らかの要因で誤ってユーザを削除してしまった場合もエラーとして考えられます。ユーザとして削除されていれば、ログインできません。この場合は、Account Engagement(旧:Pardot)管理者へ再設定を依頼しましょう。

Account Engagement(旧:Pardot)のログインができません【ポイント6】「レスポンスパラメーターがありません」

Account Engagement(旧:Pardot)のログインエラーでは、「Response Parameter is missing(レスポンスパラメーターがありません)」と表示されてログインできないこともあります。エラーの原因は、ログインページの下部にある「reCaptcha」にチェックが入っていないままログインしたことです。解決策として、「私はロボットではありません」にチェックを入れてもう一度ログインしてみましょう。

Account Engagement(旧:Pardot)のログインができません【ポイント7】ユーザレコードの凍結

Account Engagement(旧:Pardot)では、ユーザレコードの凍結によりログインできなくなることが考えられます。Account Engagement(旧:Pardot)にログインできなくて、システム管理者にパスワードのリセット依頼をしたにもかかわらず、ログインできない場合です。

システム管理者がパスワードリセットしても、標準ユーザがログインできない場合はユーザレコードの凍結が考えられます。ユーザレコードの凍結の場合は、問題のユーザを選択して「凍結解除」を実行しましょう。「凍結解除」の実行後に、ログイン許可の再発行が必要です。

Account Engagement(旧:Pardot)のログインができません【ポイント8】パスワードリセットのリンク切れ

Account Engagement(旧:Pardot)にログインできない原因として、パスワードリセットのリンク先の期限切れが起きている可能性もあります。その際は、直接ログインページへのアクセスを試してみることが必要です。WebブラウザのURL入力に直接以下のアドレスを入力してみましょう。
ログインURL:https://login.salesforce.com/

Account Engagement(旧:Pardot)のログインができません【ポイント9】ブックマークのURLが間違っている

Account Engagement(旧:Pardot)のログインページをブックマークに登録していた場合、ブックマークのURLが間違っているためログインできないこともあります。その際は、ブックマークを削除して新規登録してみましょう。既存のログインURLが間違っている場合は、置き換えでログインできるようになります。

「https://login.salesforce.com からのログインを防止」が有効になっていなければ、カスタムドメインのURLではなく、次の2つのURLを入力してみましょう。

http://login.salesforce.com/
http://test.salesforce.com/

Account Engagement(旧:Pardot)のログインができません【ポイント10】Salesforceのcookieをブロックしている

Salesforceのcookieがブロックされている場合は、ログインができません。使用中のWebブラウザがSalesforceのcookieをブロックしているケースです。

対処法は、Webブラウザのcookie設定でSalesforce.comからのcookieに対して「許可」となっているか確認してみましょう。または、cookieを削除してから再度設定し直す必要があります。

Account Engagement(旧:Pardot)のログインができません【ポイント11】API限定ユーザの権限を確認する


Account Engagement(旧:Pardot)にログインできないときは、API限定ユーザの権限を確認してみることも方法の1つです。API限定ユーザの権限は、システム管理者への確認事項となります。

API限定ユーザの権限が有効になっていると、標準ユーザはSalesforceにログインできません。その際は、API限定ユーザの権限を削除する必要があります。

Salesforce ClassicのAPI限定ユーザ権限を削除する手順

  1. プロファイルに移動
  2. 「設定」を開く
  3. 「ユーザの管理」を選択
  4. 「プロファイル」を選択
  5. ログインできないプロファイルの「編集」を選択
  6. 「API限定ユーザ」の選択を解除
  7. 「保存」を選択して完了

Lightning ExperienceのAPI限定ユーザ権限を削除する手順

  1. プロファイルに移動了
  2. ギアボタンを選択了
  3. 「設定」を開く了
  4. 「ユーザの管理」を選択了
  5. 「プロファイル」を選択了
  6. ログインできないプロファイルの「編集」を選択了
  7. 「API限定ユーザ」の選択を解除了
  8. 「保存」を選択して完了了

Account Engagement(旧:Pardot)ユーザ以降の概要:
https://help.salesforce.com/s/articleView?id=000353746&type=1&language=ja

参考データ:
https://help.salesforce.com/s/articleView?id=000312677&type=1
https://help.salesforce.com/s/articleView?id=000326222&type=1

まとめ

今回は、Account Engagement(旧:Pardot)のログインできないときの確認すべきポイントについて、11のケースを紹介しました。Account Engagement(旧:Pardot)のログインは、SSOで統合された認証方法となったため、Salesforceのログイン方法として認識しておくことが大事です。エラーの状況はそれぞれ異なります。標準ユーザの場合は、システム管理者へ問い合わせてみることが必要です。システム管理者は、Salesforceサポートに問い合わせる前の参考として活用してみてください。

PAGE TOP