ブログ

Power BIのテーブルを丸ごとエクセルにコピーしたい時のポイントをご紹介!

テーブルを丸ごとエクセルにコピーしたい時のポイントをご紹介!

今回は、Power BIにて使用しているデータをExcelに出力する4つの方法をご紹介します。
データへのアクセス権がない場合や、データソースの場所を知らない場合でも、以下の方法でPower BIにて使用しているデータを確認することが可能です。

Power BIダッシュボード上のビジュアルから出力する方法

まずは、Power BI ダッシュボード上のビジュアルからデータを出力する方法をご紹介します。

ビジュアルの右上にある「…」から 「データのエクスポート」を選択します。

CSVファイルを保存する箇所を選択するよう求められますので、ファイルパスを設定し、保存します。すると、下記のようなCSVファイルが生成されます。

この方法では、ビジュアルにて使用しているデータのみを出力することができます。

Power BIレポートからデータを出力する方法

続いて、レポート内のビジュアルから、データを出力する方法です。
ダッシュボードから出力した際と同様に、ビジュアルの右上にある「・・・」を選択し、「データのエクスポート」を選択します。

すると、下記のようにエクスポートする方法を聞かれます。概要データか基になるデータを選択し、エクスポートを実行するとExcelファイルが生成されます。

概要データと基になるデータの違いは以下の通りです。

概要データとは

概要データの出力では、現在ビジュアルで表示されている内容のデータをエクスポートすることができ、ビジュアルと同様のフィルターや集計結果等が反映されます。実際に出力したExcelが下記のものです。

基になるデータとは

一方、基になるデータでは、「集計される以前のデータ」を出力することが可能です。出力されるデータには、ビジュアルにて使用されるデータと、それ以外のデータも出力されます。しかし、取り込んでいるテーブルがそのまま出力されるわけではありません。尚、ビジュアルにフィルターが適用されている場合は、エクスポートしたデータもフィルター処理された状態で出力されます。
実際に出力したデータが下記のものです。概要データと比べると出力される項目が多いことが分かります。

権限の変更方法

レポートからデータを出力するには、データへのアクセス権とデータのエクスポートを可能とするよう設定を変更する必要があります。レポートからエクスポートする際、「基になるデータを選択することができない」場合は、権限の設定が原因だと言えるでしょう。権限の変更方法は以下の通りです。尚、これらの設定にはPower BIのライセンスが必要になります。

アクセス権の変更方法

まずは、データセットに対するアクセス権の設定方法です。該当のデータセットから「・・・」を選択し「アクセス許可の管理」を選択します。

下記の画像のように、画面の右側にユーザーの追加バーが出てきますので、追加するユーザーのメールアドレスを入力し、データへのアクセスを許可することで設定完了です。

データのエクスポートに関する設定を変更する方法

続いて、データエクスポートに関する設定を行います。
レポートのファイルより「設定」を選択します。

画面の右側に、レポートに対する設定を行うバーが出てきます。そこからデータのエクスポートを変更することが可能です。「要約データと基本データ」を選択すると、概要データ/もとになるデータの両方を出力することが可能となります。

テーブルをそのままExcelとして出力する方法

続いて、Power BIに取り込まれれている元のデータをそのままコピーする方法をご紹介します。
PowerBIDesktop上から、クエリを表示します。セルをどこか選択し、右クリックし「テーブルのコピー」を選択します。

コピーしたテーブルをExcelに張り付けると、Power BIに取り込んだデータをそのままExcelへ出力することが可能です。

この方法では、エクスポートと違い、データの長さに関する条件は特に設定されていません。ただし、Power BI Desktopからの操作になるため、pbix.ファイルへのアクセス権利がない場合や、pbix.がwebのPowerBIからダウンロードできる権限がない場合は、使用することができません。

Excelで分析ツールを使用する方法

最後に、Excelで分析ツールを使用する方法をご紹介します。
この方法では、Power BIにて使用しているデータをExcelに出力し、さらにピボットテーブルを使用することでユーザーが好きなように分析をすることができるツールです。

レポート上から、エクスポートの「Excelで分析」を選択します。

すると、下記のようなデータが出力されます。すでに、ピボットテーブルが埋め込まれている状態で出力されますので、ユーザは好きなようにデータを操ることが可能です。

ツールのインストール

Power BIのExcel分析ツールを使用する際は、下記のプログラムをインストールする必要があります。絵データをダウンロードする際に下記のようなポップアップが表示され、ダウンロードを促されますので、そこからダウンロードし、インストールしてみてください。

まとめ

ライセンスや権限問題が発生するものもありますが、データの出力方法についてご理解いただけましたでしょうか。

⇒エクスポートについての公式の詳細はこちら
Power BI ビジュアルからデータをエクスポートする | Microsoft Power BI

Power BIハンズオンセミナーやデータ分析支援について
弊社ではPower BI ハンズオンセミナーやデータ分析支援を行っております。
詳しくは下記リンクをチェックしてください。

Power BI ハンズオンセミナー

データ分析支援

この記事を読んだ方の多くは以下の記事も読まれています。

PAGE TOP