SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

当社フロッグウェルでも、以下の施策により、持続可能な世界を実現するため、SDGsに取り組んでおります。

sdgsアイコン

 

 

さまざまな業種のお客様、グローバルIT企業、協力会社などとの協力

最先端のITサービスの提供のために、多様なお客様のニーズの把握、社外リソースとの協力が不可欠です。当社では、Salesforceとのパートナー契約をはじめとして、Amazon Web Service(AWS)やMicrosoft Azureといった世界的に有力なサービスの提供を推進しています。

 

従業員の在宅勤務推進による環境負荷の軽減

従業員の在宅勤務の推進や、商談・会議のオンライン会議活用により、通勤・出張といった移動に伴うCO2排出の削減に貢献しています。

 

技術者の育成・担い手の確保

変化が激しいIT業界において、最先端の技術に対応できるよう、技術者の育成に力を入れています。
従業員の積極的な自己研鑽を支援するため、IT関連の国家資格や技術資格を中心とした資格取得奨励制度を設け、受講費用や資格手当を支給するなどしています。同時に、従業員は経歴やスキルに応じて、技術、プロジェクト管理、品質管理に関する社内外の研修を受講しています。

 

多様な働き方の実現

多様な人材が活躍できる職場づくりの一環として、正社員の自宅勤務、時短勤務、また正社員以外の契約体系の導入を積極的に進めています。また、働き場所についても、東京オフィスだけでなく、Iターン・Uターンなど社員の働き方を尊重する制度を整えています。

<参考>https://www.sts-inc.co.jp/company/company_sdgs.html

 

 

PAGE TOP